賃貸契約における初期費用|鞄一つで旅に出よう|マンスリーマンションで住みたい街に

鞄一つで旅に出よう|マンスリーマンションで住みたい街に

間取り図

賃貸契約における初期費用

	手

初期費用が安い賃貸物件

最近では、初期費用が安い賃貸物件が増えています。特に、礼金なしの物件は増加傾向にあるようです。社会人なら、「おいしい話には裏がある」と考えるので、礼金なしの物件は危険だと感じるかもしれません。しかし、礼金なしの物件には、それなりの理由があります。少子高齢化が進んでいる日本では、人口に対してアパートやマンションの数が余っている傾向があります。空き室がなかなか埋まらないことに悩んでいる大家さんは多いので、礼金をゼロにしてでも、契約者をとりたいというのは納得ができる理由です。もちろん、人気のあるエリアなら、敷金2か月分、礼金2か月分としていても、入居希望者は殺到するので、条件の良い物件というのは少ないですが、都心部から離れている物件なら、初期費用が安い物件はそれなりにあります。

敷金なしの物件には注意

礼金は大家さんに対して「部屋を貸してくれてありがとう」という気持ちをお金にして渡すという意味を持っています。それに対して、敷金はなにかトラブルがあったときのための担保のようなお金ですので、敷金がゼロの物件については注意をしておいたほうがよいかもしれません。礼金なしの物件というだけで警戒をする必要はありませんが、敷金までゼロになっている物件は、それほどの条件を出さなければ入居者が決まらないような物件なので、なにか問題を抱えている可能性もあります。礼金は後で戻ってくることがないお金なので、礼金なしの物件は、そのままメリットになります。それに対して、敷金はなにも問題がなければ後で戻ってくるお金なので、払っておいても損をすることにはなりません。礼金なしの物件と、敷金なしの物件なら、前者のほうがお得です。